2005年08月23日

新潟戦復帰★

明日の新潟戦に出場するみたいですexclamation×2さすがです!!

『小笠原、チームのため決意“スト”解除』
『22日、茨城・鹿嶋市内のクラブハウスでトニーニョ・セレーゾ監督(50)らと会談を行い、24日のJリーグ、新潟戦(カシマ)に出場する意向を伝えた。
 小笠原はプレーに飢えていた。この日、2時間の全体練習を終えた司令塔は「自分自身、チームに対していろいろな気持ちがあるけど、次の試合に向けて一生懸命やるということを監督とチームに伝えた」と静かな口調で明かした。
 スタンドで観戦した小笠原は「今までとは違う気持ちを持った。プレーしたいと思ったのは事実」と心境を打ち明けた。
 個人的な理由で出場を固辞した経緯もあり「出してくださいと言える立場ではない」と最終的な判断は指揮官にゆだねた。しかし、小笠原の真意を受け取ったセレーゾ監督は「いい話し合いができた」と笑顔。出場については明言を避けたが「いまは(小笠原は)冷静になって物事を考える時期にあるが、勝者はピッチに立たなければならない。彼のようなボールを触らなければ病気になってしまうような選手は、サッカーに集中した方がいい」と事実上のGOサインを出した。
 戦列復帰すれば、リーグ戦は7月17日の大分戦以来3試合ぶり(同23日の大宮戦は累積警告により出場停止)。一方、レッチェとの交渉については進展がなく、移籍市場の締め切り(31日)も目前に迫った。』

満男さん、頼もしい!!「今までとは違う気持ち」ってどんなんだろ??
やっぱりプレーしたいと思うのが満男さんでしょうグッド(上向き矢印)
どんなにハードスケジュールでも試合に出るほうが好きだし、仲間たちが戦ってるのに自分はスタンド観戦でかなり辛かったでしょう。
やっぱりサッカーが大好きな満男さんにはサッカーをしてもらわないとexclamation×2
セレーゾ監督にも「彼のようなボールを触らなければ病気になってしまうような選手」って言われてるし(笑)。
全くその通り!って笑ってしまいました。題名の「スト」にはなぜか少し腹が立ったけど(笑)。
まだ移籍の問題は解決してないけど、気持ちに整理ついたのかな…。
少し心配だけど、満男さんが下した決断です。絶対に大丈夫です。

『鹿島小笠原、24日新潟戦に出場意欲』
『スタンド観戦したが気持ちも変化した。「プレーしたいと思ったのは事実。出して下さいと言える立場じゃありませんが」と小笠原。22日の練習前には鈴木満取締役強化部長と1時間にわたり3度目の会談を行い気持ちを伝えた。
 小笠原が移籍問題を振り払い、新潟戦出場を希望した。「チームに対し、いろいろな気持ちはある。いろいろ起こったことは事実。消すことはできないけど、割り切ってやっていくしかない。次の試合へ一生懸命やりますと、チームと監督に伝えました」。
早い選手が午後5時すぎに練習を切り上げる中、若手と一緒にシュート練習を約30分、居残りで続けた。「使うか使わないかを判断するのは監督。どれだけのパフォーマンスを出せるか分からないけど。(広島戦は)今までにないような感情で見ていました」と複雑な心情を吐露した。
 トニーニョ・セレーゾ監督も起用については明言しなかった。それでも「彼とはいい話をした。ボールを触らないと病気になってしまう彼のような選手は、サッカーに集中した方がいい」と小笠原の決意を歓迎。この日も移籍問題については言及を避けたように気持ちの整理はついていないが、小笠原の闘志にようやく火がついた。』

1時間も話し合いしたんですね。まぁセレーゾ監督は満男さんを先発で使うでしょうね。
この記事には気持ちの整理はついていないって書いてあるけどこういう事は本人にしか分からないよねぇ(笑)。

続きを読む


posted by あや@管理人 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。