2006年01月05日

ウエストハムに到着。

昨日サボったおかげで、記事がい〜っぱいあせあせ(飛び散る汗)まぁそれはひとまず置いといて。

昨日でバイトが終了ぴかぴか(新しい)お疲れさんどすぅ。
バイトがなかったらすることなかったから、バイトのおかげでなまくら病にかからなかった(笑)。
録画しておいた里見八伏伝、いっきに見たけど(だから更新できなかった)、面白かったexclamation×2
おばあちゃんと一緒に見てたから、涙こらえまくり!(笑)。
っていうか、あの玉キレイだったなぁ〜ハートたち(複数ハート)

そんで9時からは、話題になってた古畑。なんてったってイチローだからね。
かっこいいわぁ〜揺れるハート演技もなかなかで。他のスポーツ選手であれだけ演技できる人いるのかな?
絶対見てた人、古畑じゃなくて犯人のイチローの応援してたね、きっと(笑)。
最初「ハチロー」って名前で演じる予定だったんだ…それはないっしょ!
イチローはイチローだよexclamation×2
ここからはお母さんに聞いたプチ情報。みんな知ってるかもしれないけど。

・イチローは、古畑のビデオを何回も繰り返し見るほどの古畑ファン。
・スタッフが一か八かでイチローに出演を依頼に行ったら、即OK。
・試合中にも、守備のときとかにグローブを口に当てて、セリフの練習をしていた。

らしいね。なんでこんなこと知ってるのか知らないけど。ワイドショーとか?
イチローはやっぱり世界のイチローっすねぴかぴか(新しい)
本当のイチローは殺人犯とかじゃなくてよかったよダッシュ(走り出すさま)(当たり前!笑)。

満男さんの記事たち。
鹿島小笠原渡英、ウェストハム練習参加
『ウェストハムについては「いろんな情報をもらっている。少し試合を見た限りでは悪い印象はないですね」と話し、笑顔で機上の人となった。』

小笠原渡英「こういう形もある」
『「オファーをもらって(移籍しても)試合に出られないというのは自分にとってもチームにとってもよくない。そういうの(試合に出られるかどうか)を判断する意味で、こういう形もある」と入団テストという意味合いの強い今回の練習参加を前向きにとらえた。
 複数ある話の中で、契約を前提とした練習参加を検討していたウェストハムに、小笠原自身も「いろいろな情報はもらっている。試合を見た印象は悪くないです」と強い関心を示していた。だから、昨年12月24日の天皇杯大宮戦に敗れてオフに入った後も、コンディションを維持してきた。
 「(現地に)行って判断できるというのはメリット」と言う小笠原は、自分の感触で移籍先を決めたいという希望を持っており、他の選手との相性、環境面、そして試合に出場できるかどうかということも見極める。「試合に出ないと意味がない。自分のレベルアップのためにも」と言葉に力をこめた小笠原。』

確かに、いろいろ体験してから考える方がいいかもしれない。
じっくりと考えていただきたい。でも、メッシーナとウエストハム以外にどのチームが興味を示してるのかも、気になる(笑)。


ウエストハムへ決意の渡英…小笠原、“逆テスト”で見極めだ
『持ち味の冷静沈着なボールキープ。日ごろのプレースタイル同様に、小笠原は念願のチャンスにも慎重居士を貫いた。石橋ならぬ、ロンドンブリッジを叩いて渡る。
 W杯イヤーでの挑戦へ、絶対条件に掲げたのが出場機会。成田空港を行き交うレジャー客を横目にし、小笠原は新春早々にキッパリと口にした。
 「実際に行ってみてどう評価されるか、自分がどのように感触を持つか分かりませんが、その辺を判断する意味では練習参加って形もありかなと思いました」。各地から集まるテスト生のなかで唯一、小笠原は獲得を前提にクラブ側から招待された。ブラウン会長らクラブ幹部は既に小笠原獲得の方針を決定済みで、条件面の合意があれば移籍が実現する立場。挑戦者ではなく、あくまで目的は移籍先の見極めなのだ。
 12月上旬に打診を受けてから、考え抜いた末に参加を決めた。今月6、7日に組まれている鹿島の選手会旅行をキャンセル。納得するまでイングランドのサッカーと肌を合わせて、さらに現地での住居など生活環境も調査する腹づもりだ。
 「いろんな情報とかもらっているけど、行ってからのほうが分かると思う。むこうの雰囲気をつかむ意味でも味わってきたい。(今後の選択肢は)鹿島もあるし、移籍期間も残っている。今の時点では一番いい話なので」。小笠原にはセリエAのメッシーナを含めた複数のクラブが興味を示しているだけに、安売りする必要はない。
 ウエストハムのチームカラーは、鹿島と同じエンジ色。初めて経験する海外チームの練習で、小笠原は“赤い糸”を手繰り寄せることができるか。

★小笠原に聞く

−−練習参加に至った経緯は

「少し前から話は来ていたけど、シーズン中だったのでタイミングが合わなかった。自分としてはいろいろと考えた。どういう状況か知るのにいい機会だと思って、チーム(鹿島)の人にも行かせてほしいと伝えて、了承をもらいました」

−−今年はW杯イヤーだが

「W杯がどうのこうのというのはない。そこが最後ではないし。いろんな選手とやれるのはプラスだと思うし、楽しみ」

−−ウエストハムの印象は

「話を聞いたり、少しだけ試合を見た感じでは、印象は悪くない。実際に見てみて、違うなって感じになるのは、本当に避けたいですけどね」

−−他に移籍の選択肢は

「鹿島もあるし、移籍期間も残っている。今の段階では、この話が一番いい話なんで」』

正月だからUターンとかで、成田は人多かっただろうねあせあせ(飛び散る汗)
やっぱり鹿島の選手会旅行はキャンセル。今年はどこ行くんだろう?温泉いい気分(温泉)
ウエストハムのチームカラーもエンジ色exclamation&question
私も、小学校の時エンジ色の体操服だったし、中学の時もネクタイエンジ色だった!
だから何って感じですけど(笑)。

小笠原 移籍は出場できるか優先
『ロンドン行きの便が約3時間遅れるアクシデントに見舞われたが、同日午後、成田空港を出発。ウエストハムに関し「印象は悪くない」とする一方で、状況次第では鹿島残留を選択することも示唆した。』

アクシデントとかやめてよ〜たらーっ(汗)年始早々にねぇ。
鹿島に残留は可能性低そう…かな?!ウエストハムで満男さんがどう思うか、でしょうね。

小笠原 「自信満々」の渡英
『鹿島関係者も「本人は行きたいはず。あとは移籍金の問題だけ」と、もはや引き留め策は講じるつもりはない。「プレミア?見てないから何も言えないけど、マイナスの要素はない」と自信満々の小笠原。リーグ戦現在10位ながら最近3連敗中のウェストハム移籍で、代表レギュラー奪取を狙う。』

あらら…3連敗中ですかたらーっ(汗)

小笠原 お疲れロンドン到着
『予定よりも3時間遅れ、長旅に少々疲れた様子だったが「まずはチームと現地の雰囲気を確かめたい」と抱負を口にした。4日は体を休めて準備に入り、5日から5日間の日程でトップチームに合流する。
 空港にはウェストハム関係者2人が出迎えに来るなど、小笠原への期待の大きさをうかがわせた。プレミアリーグへの移籍で最もネックとされる英国の労働ビザの取得も見通しは明るい。A代表の試合にここ2年間で75%出場が条件となるが、ケガなど、欠場にしっかりとした理由があれば該当する試合はカウントされない場合が多い。「大丈夫だと聞いている。そうじゃなかったら来る意味がない」と話した。』

ビザを取得できなくて、プレミアを断念した選手も聞いたことあるけど、満男さんは大丈夫そうですね。
プレミアはビザ関係の制度?が厳しいらしいね。
これをクリアした時点で、もうすでに満男さんすごいですグッド(上向き矢印)

小笠原がロンドン到着

あのぉ…満男さんの後ろに写ってる女の人…顔から血が出まくってるように見えるけど、大丈夫でしょうかexclamation&question
ファッションなのかな?(汗)。

小笠原、ロンドンへ到着
『予定より約3時間遅れたが、「飛行機の中でよく寝れました。やっぱり寒いですね」。小笠原は疲れた様子もなく、ウェストハムの育成担当者に出迎えられ、笑顔で握手を交わした。
 ウェストハムの育成担当は「4日は1日休んで、ロンドン郊外のホテルでゆっくりして時差ボケを取ってもらう。5日朝から練習を開始する。いつまで滞在するかは彼次第」と話した。
 選手登録に必要な英国の労働許可証の取得には、代表として過去2年間の公式戦に75%以上の出場歴が目安となる。小笠原は21戦中14戦で67%しかなく、2試合足りない。
 ウェストハムで定位置を獲得するには、テスト合格→移籍交渉合意→労働許可証取得→レギュラー獲得と、いくつもの難関を乗り越えなければならない。』

まぁ、ビザについては大丈夫だけども?(笑)。
5日の朝からかぁ。もし朝の9時から練習だったとしたら今日の日本時間の夕方6時くらいかな?
本当に頑張れっexclamation×2ですよね。

小笠原、英上陸!指令塔争い“開戦”ライバルはイスラエル代表
『3日夜、ヒースロー空港着の航空機でロンドンに上陸した。ウエストハムのクラブハウスで同日行われたのは、イスラエル代表FWヤニフ・カタン(24)の入団発表。“元恋人”の加入が同国代表MFヨッシ・ベナユン(25)を覚醒させるのか、小笠原との指令塔争いは激しさを増しそうだ。
 予定より約3時間遅れでサッカー母国に降り立った“みちのくのファンタジスタ”。しかし、膨らむ希望からか疲れなど微塵も見せなかった。
 強力ライバルの壁をさらに高くするニュースが本拠地ロンドン東部に流れた。イスラエル代表FWカタンとの正式契約がそれ。カタンは会見で「同胞の存在が移籍の大きな決め手」と表明した。ウエストハムのイスラエル代表MFベナユンの元同僚で同国代表でも絶妙コンビを見せる選手だ。
 イスラエルの天才指令塔ベナユンは、今季開幕前にスペインリーグ・ラシンから移籍金250万ポンド(約5億円)の4年契約で加入した。02年までイスラエルリーグ・マカビハイファでカタンとコンビを組みゴールを量産。ドイツW杯欧州予選での大健闘を導いたコンビでもある。
 ウエストハムでは右の攻撃的MFとして出場しているが、初挑戦のプレミアとあって本領はまだ発揮できていない。ベナユンを超える絶対的指令塔の獲得を目指して興味を示されている小笠原だが、このライバルの“元恋人”も加入してくるとは厄介な状況だ。
 
 イングランドプレミアリーグ・ウエストハムは4日、ウェールズ代表MFガビン・ウィリアムズ(25)をチャンピオンシップリーグ(2部に相当)のイプスウィッチに完全移籍で放出したと発表した。小笠原獲得を見据えた攻撃的MFの放出とみられる。』

ライバルですか。いい気持ちはしないけど、ライバルがいた方が満男さんが燃えていいかもexclamation&questionなんて。
どんなにイスラエルのナイスコンビでも、満男さんは誰とでも上手く合わせられるから、そこら辺は心配ナシexclamation×2
移籍するとしたらの話だけど。

ウエストハムの話が結構進んでるけど、このチームがまだなんか言っておられます。
メッシーナ、“小笠原強奪”も…柳沢とのトレードを提案
『セリエA・メッシーナのマーケティング部門最高責任者ボンシニョーレ氏はサンケイスポーツの取材に「ヤナの復帰問題のため近日中に日本に行く。小笠原? 興味は失っていない」と“小笠原強奪”の意思を改めて明言した。
 柳沢が鹿島復帰を直訴したため、日本との関係継続を望むメッシーナは代わる日本人選手との“トレード案”を推進している。第一希望の小笠原獲得は一度断念したが、同氏は来週にも柳沢の復帰交渉のため来日。そこで柳沢の代理人に打診してきたトレードを鹿島側に提案する見込みだ。
 一方で、小笠原のウエストハム移籍が濃厚なことから、他の日本人FW獲得交渉も進行中。これらが不調の場合、今季終了の5月まで柳沢の復帰を認めない方針を示している。』

いやぁ〜なことになってるねバッド(下向き矢印)このチームだけには、行ってほしくないわ。
っていうか、満男さんだけじゃなくて日本人の選手誰も行ってほしくない(爆)。
でも、柳沢には鹿島復帰してほしいexclamation×2

か…金古がアビスパに入団内定?!
確かに今鹿島に戻ってきても、レギュラーは難しいかも。。
でも、もっとパワーアップしてから鹿島の守りの要として、戻ってきてほしい!!


posted by あや@管理人 at 11:23| Comment(2) | TrackBack(2) | 移籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。私も満男さん大好きの高3です。いつも読ませてもらってます!!!
移籍については是非とも海外で頑張ってほしいと思う反面、毎週満男さんの試合が見れなくなってしまうので寂しいです。
でも、満男さんの希望が叶うなら応援したいです。
記事の満男さんの私服かっこよすぎですね!!
あと私も柳沢には鹿島に帰ってきてもらいたいです!!!!!メッシーナはどうも好きになれません。
アレックス・ミネイロとの2トップ、楽しみです!!!!
Posted by さち at 2006年01月05日 14:24
>さちさん
はじめまして♪
いつも読んで下さってるんですね!嬉しいです。これからもよろしくお願いします!
移籍はやっぱり寂しいですよね(涙)。でも、テレビ観戦でよかったらスカパーに入れば満男さんの試合は見れると思いますよ♪応援しましょうね!
柳沢とアレックスの2トップが実現したら最高ですよね!パサーの満男さんがいればもっと最高ですけど…(汗)。移籍に関しては、今後どうなっていくか分かりませんけど、どうなっても応援しましょう!(笑)。
Posted by あや@管理人 at 2006年01月05日 15:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

イチロー、古畑任三郎に勝つ?
Excerpt:  いやーびっくりした。そのニュースを事前に知らなかったので、なおさらだ(無知を笑わないで。記者でも全部ニュースを把握しているわけじゃないの)。あのマリナーズ、イチロー選手がフジ系のテレビドラマ「古畑任..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2006-01-05 12:26

小笠原@ロンドンと柔道野村の挑戦!!!
Excerpt: ウェストハムの入団テストを受けるべく、鹿島の小笠原がヒースロー空港に到着。もしこれがパスすれば、稲本、中田に続く日本人3人目のプレミアプレーヤーとなる。ワールドカップイヤーとなる2006年!この動きが..
Weblog: iN-phase,Horyの部屋
Tracked: 2006-01-05 13:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。