2006年10月23日

ミスも多し。。

もう学校終わっちゃったよ(笑)。

なんだよー!!
午前中、大学祭の後片付けっていうから行ったのに、行って20分で終わっちゃったよexclamation×2
20分のために朝早く起きたのか・・・笑。
でも出席とったから、行ってよかったー。
半分くらい来てなかったから♪


なんかうちの担任はおかしくて、献血をしたら3点アップとかゆうのがあるんですよ。
他にも社会に貢献したら、得点アップ。
私はしたことないけどねー。
多分貧血だからできないと思うし(笑)。勉強すればいいのさ。へっ!



小笠原が移籍後初得点、日本人5人目
セリエAで日本人5人目となる初ゴールを決めた。
うれしかった。やっぱり点を取るっていうことは大事だと思う
ゴールを決めたのが小笠原なら、起点となったたのも本人だった。センターサークル内でDF3人を引きつけてからDFゾロにパスを預けると、前線へダッシュ。FWディナポリのポストプレーからの折り返しを受けると、今度は右サイドのスペースに向かって頭でパス。走り込んだMFアルバレスのクロスが、DFのクリアミスを誘った。
前半18、19分と連続してボールを奪われ、あわや失点という場面もあった。「自分のイージーなパスミスがあったんで、それは良くなかった」と反省した通り、22日付の「ガゼッタ・デロ・スポルト」、「コリエレ・デロ・スポルト」紙ではともに6点(10点満点)、「ガゼッタ・デル・スッド」紙では5・5点の評価にとどまった。
ジョルダーノ監督が「次は選手が戻ってくる」と語ったように、25日のパレルモ戦(アウエー)ではベンチスタートとなる可能性が高い
それでも小笠原は「これが第一歩だし、どんどんいいプレーをして、勝てるようにできればいい。もっといいものが出せると思う」と前向き。

得点以外ではまりよくなかったのかな?
それだと次ベンチスタートになってもしょうがないかも。。
調子がよかったのに、またベンチスタートっていうよりはいいと思います。
調子悪いのに得点とったこともすごいと思います、ハイ。

メッシーナ・小笠原、セリエA移籍後初ゴール!
22日付伊紙トゥット・スポルトは5.5点(10点満点)の平均点以下で、「ゴールで、これ以下の評価を免れた」。ジョルダーノ監督も「中盤のボールの動きが少ない。きょうは、とても大切な選手が2人足りなかった」とレギュラー選手の復帰を熱望した。

★柳沢が祝福「早くとれて良かった」
東京都内での茨城県の観光イベント出演前に関係者から知らされ、すぐに携帯電話で祝福のメールを送った。
「ボクは2年半で1点もとれなかったのにね。こんなに早くとれて良かった。正直、うれしいっすよ。勝てればよかったんですけどね」と満面の笑み。「ボクらも頑張んなくちゃいけないですね

そう、鹿島のみんなにも頑張ってもらわんとね!

鮮烈ボレー!小笠原 移籍初ゴール
小笠原は「うれしかったところを(巨体の)リガノにつぶされて痛かったよ」と心地よい“重み”に襲われた。
地元紙では、ゴール以外のプレーに辛口の評価も目立ったが、それは期待の表れ。ガゼッタ・デロ・スポルト紙は2月18日の日本代表―フィンランド戦で決めた“伝説の58メートル弾”まで紹介しながら「ゴールは正確な技術だった」と褒め称えた。
移籍後、こだわり続けてきた固定式のスパイクを捨てた。イタリアの硬いピッチに強い、歯が8本の取り換え式に変更。契約しているプーマにはさらに6本タイプも依頼した。日本では寡黙なイメージも、イタリアでは報道陣相手に自ら食事会を開き、新天地に溶け込んできた。
セリエAでのゴールはカズ、中田英、名波、中村に続き5人目。「もっと試合に出ないと。勝てるチームにしたい」と小笠原。

本当かどうか分からない話もありますが・・・。
満男さん、スパイク変えましたね。ってこの話前にもしたっけ(笑)。
赤と黒のスパイク好きだったのになぁ〜。
黒に白のラインのスパイク見てると、昔の満男さんを見てるみたい。

小笠原、セリエAで初ゴール
「試合に出られるならどのポジションでもいい。点を取るのも大事だと思うので、どんどんいいプレーをして勝てるようにしたい」。

今はポジションがどうこうじゃなくて、試合に出ることだけ考えてるんですね。

さてと、宿題しないとあせあせ(飛び散る汗)
posted by あや@管理人 at 11:30| 富山 ☁| Comment(0) | メッシーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。