2005年06月30日

昨日の鹿島。

こんな記事がありました。

『鹿島シュート特訓90分』

『J1で首位を快走する鹿島が29日、7月3日の清水戦(カシマ)に向け、およそ1時間半にもわたるシュート練習を敢行した。

 約1時間、基礎練習で汗を流した後、異例ともいえる特訓に移行した。左右のクロスをダイレクトで狙うパターンと、グラウンダーのパスから1トラップのシュート。曽ケ端ら3人のGKを相手に、鹿島イレブンが乱れ打ちだ。「きょうで強めの練習は最後」というトニーニョ・セレーゾ監督(50)だが、2000年の就任以降、清水にはJ通算4勝5敗1分けと分が悪い。苦手意識を振り払うような“打ち込み”指令だった。「いつも通り。あんなもんです」と冷静に受けとめたのはMF小笠原。30日からは、より細部を煮詰める練習に入る。 』

セレーゾ監督気合い入ってるね〜手(グー)
その調子で頑張ってほしいです。


posted by あや@管理人 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。