2005年07月18日

痛いなぁ。。

ここで引き分けは痛いですたらーっ(汗)次満男さん出れないし。。
でも今年も2シーズン制だったら、1stステージ優勝だったのにな(笑)。
タイミング悪いよぅ…(笑)。
なんか…だんだんと去年の鹿島に戻ってきてるようなあせあせ(飛び散る汗)
立て直してほしいですね。

『鹿島1点守れず 小笠原次節出場停止に』
『先制は前半39分。MF小笠原獲得に乗り出しているセリエAレッチェのビアジオ・スカウト担当がスタンドで観戦する中で、先制点の起点となったのは小笠原の左CKだった。観戦予定の最後の試合でゴールを演出してアピール。もっとも、後半15分に警告を受け、次節は出場停止。「これからまた勝っていけばいい」とすぐに切り替えたがさすがに元気はない。鈴木強化部長も「前節の負けよりきついドロー。レッチェ関係者とは何も話していない」と厳しい表情だ。』

『歯車狂い出した?鹿島、大分と分ける』
『キックオフから、日本代表の小笠原を中心としたパスワークで中盤を支配し、優位に試合を進めた。18分、縦パスを受けた鈴木が粘ってこぼれたボールを小笠原が拾って左の野沢へ展開し、野沢が左足でシュート。』

『首位・鹿島 痛恨のドロー』
『ホームのサポーターからは容赦なくブーイングが浴びせられる。
 2位・G大阪も引き分けたため、勝ち点差4は維持したが、小笠原が「切り替えて頑張るしかない」と前向きだった半面、鈴木満強化部長は「今のチームじゃ優勝できない」と険しい表情を浮かべた。4年ぶりの覇権奪回を狙う鹿島に苦境が訪れた。』

『★鹿島は“テコ入れ”を示唆』
『累積警告で23日の大宮戦(埼玉ス)が出場停止となる日本代表MF小笠原は「また勝っていけばいいだけ。切り替えていきたい」とポツリ。勝ち点36の首位で前半を折り返したが、セレーゾ監督は「中断期間にフロントと話して、戦力補強を考える」と“テコ入れ”を示唆した。』

『鹿島ドロー、セレーゾ「補強を」』
『セレーゾ監督は「フロントと話し補強を考えたい」とまで口にした。一方、鈴木満取締役強化部長は「底上げをしないと優勝はない」と若手の緊急強化を要請する構えだ。G大阪との勝ち点差は4のままだが、次節23日の大宮戦には累積警告で小笠原が出場停止と、鹿島の苦境は続く。』

補強って…マジですかセレーゾさんたらーっ(汗)
修正の見込みがないくらい厳しい状況なのかな。。
試合見てないから分かんないけど心配になってきましたもうやだ〜(悲しい顔)
確かにこのままじゃ優勝できないふらふら

今日、トークショーだったけど、無事終わったのかな??
満男さん、「相談中」とか言ってたみたいだけどちゃんと参加したのかしら(笑)。
どんな話したのか気になります(笑)。


<追記>
トークショーに行かれた関西の中心で鹿島愛を叫ぶさんがその様子を報告して下さってます。
無事に終わったみたいですね(笑)。
一人一人に握手してサインを渡してたそうですわーい(嬉しい顔)
トークショーの様子はまた報告してくださるそうです。
楽しみですねるんるん


posted by あや@管理人 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。