2005年08月26日

記事がたくさんですぅ。(パートA)

ということで続きを(笑)。私まだあの素晴らしい試合に興奮してるのかしらあせあせ(飛び散る汗)(笑)。

『小笠原FK2発で新潟一蹴!移籍問題モヤモヤ吹き飛ばす』
『やはり、この男がいないと始まらない。鹿島の大勝劇を演出したのは、復帰したばかりのMF小笠原だ。掲げた左手の先に頂点を示す“人さし指”を突き出した。得点はシーズン自己最多の「8」に到達し、文句なしの主役を演じた。
 いきなり4点に絡んだゲーム主将に、セレーゾ監督も「あれだけの活躍をすれば、イタリアからオファーが来るのは当たり前だ。神から与えられた能力を大切にしてほしい。自然にやっていれば、新しい話が来るかもしれない」と最高の賛辞を贈った。
 本拠地のある茨城・鹿嶋市では、今月27日に花火大会を開催予定。ひと足早い『夏祭り』をきっかけに、4年ぶりのJ年間王者の座を一気にたぐり寄せる。』

「神から与えられた能力」ですかぁぴかぴか(新しい)最高に嬉しい言葉じゃないですかぁ♪
満男さん、今年直接FKの得点が多いっすね!!
明日花火大会なんだかわいいいいなぁ〜!!私は今年はお預けだわたらーっ(汗)
受験が終わるまで生観戦も遊びも我慢さっexclamation×2

『小笠原劇場、移籍問題終止符』
『昨季途中から、小笠原が得点すると鹿島は6勝1分けと不敗神話も継続中。エースの復活とともに、鹿島が4季ぶりの優勝に向かって再び突き進み始めた。』

小笠原劇場て…おもろい(笑)。
不敗神話あるんだexclamation×2満男さんがゴールした試合で負けたのあんまり記憶がない。
1つだけ覚えがあるんだけどねぇ。ただのド忘れだと思う(笑)。
シーズン最多得点記録と共に更新していって下さいグッド(上向き矢印)

『小笠原で爆勝!鹿島が首位堅守』
『サポーターの歓喜と背番号8の笑顔がシンクロした。まさに小笠原満男、脚本・演出・主演の“舞台”だった。
 今季、小笠原がゴールを決めた試合は5勝1分けと“不敗神話”が継続。
 セレーゾ監督も「あれだけ活躍すればイタリアからオファーが来て当然」と絶賛。主将の復活が4季ぶりのリーグ制覇を狙う鹿島を再加速させた。』

おっと、ここにも不敗神話の話題が!でも内容がさっきとちょっと違うあせあせ(飛び散る汗)
さっきは6勝1分けだったのにこっちでは5勝1分け。どっちだよ(笑)。
やっぱり記事はあてにならんわ(爆)。って言いながらいつも見事に振り回されてるんだけどね手(チョキ)(笑)。

『鹿島7点大勝 迷い消えた小笠原フル回転』
『小笠原1人でチームが完全に変わった。「ボールの流れが格段によくなった」と青木。前線からDFラインまで小笠原が幅広く動いてボールを持つと、周囲の選手が前線に飛び出す。攻撃に厚みが出ての大量点だった。』

青木、嬉しいよ(笑)。

『移籍問題の渦中に大活躍 頼れる司令塔、小笠原』
『連敗を免れたセレーゾ監督は「小笠原がいるとやはり違う」と称賛を惜しまなかった。優勝のために残留を望む鹿島ファンは観客席に「待ってたよ満男」との垂れ幕を掲げ、小笠原へのコールを連呼。悩める背番号8に、彼らの声援はどう響いただろうか。』

試合後の選手たちのコメントです。
●羽田憲司選手(鹿島)「逆転ゴール? 入ってよかったです。来そうだなと思ってました。マークが付いていたけど、ポンと触ったら入った。満男さん(小笠原)のキックがすごくよかったと思う。」

●名良橋晃選手(鹿島)「羽田も久々に点を取ったし、満男(小笠原)もいい流れで取ってくれた。満男が戻ってきて、アレックス・ミネイロも先発したけど、彼らがいると前線でタメができる。昨年とちょっと違うかなという感じがあって、やってて楽しかった。」

鹿島ファミリー最高ー。ナラさんも去年との違いが分かるんですねぇ。
なんか、今年は本当に強くなったんだなーって改めて思いましたわーい(嬉しい顔)

セレーゾ監督の試合後のコメントです。
「スコアが全てを物語っている。何も言うことはない」
「広島戦と違い、攻撃もばっちり。やることも全てはまった。小笠原はピッチ外ではなく、ピッチ内で主役になるべき選手だとよくわかったと思う」

Q:小笠原について。
「あれだけの能力があることは2得点2アシストという結果でわかるだろう。リーダーシップもあるし、プレスのタイミングもわかっているし、ウチのサッカーをよく理解している選手だ。リカルジーニョが前回、急に出ることになったが、ケガという意味で厳しかった。満男(小笠原)が入ったことでタメを作ったり駆け引きをしてくれたり、ボールを引き出したりもできるようになった。彼が動くことで周囲も動く。彼の能力があれば、海外、特に今はイタリアと言われているが、そういうところからオファーがくるのは当たり前。こうやってサッカーをやっていれば、今後もいろいろと来るはずだ。彼と話したことは秘密だけど(笑)。一部公表するなら『君はサッカー選手なんだから、神に与えられた天性の能力がある。サッカーをしていれば自然といろんなことが転がり込んでくるんだ』ということ」

満男さんと話したことは秘密かよーもっと教えてくれよぅ(笑)。って冗談ですけどぉ(笑)。
なんか嬉しすぎておかしくなってます。

新潟戦のレポートです。
『小笠原が要所要所で攻撃の起点となり、2ゴール2アシストの大活躍を披露。自身のもやもやを払拭するとともに、今季最大の危機に瀕していたチームを救った。
 反町監督も「前半ラストのフリーキックがかなり試合を左右した」と苦々しい表情で言うしかない。これこそが小笠原の存在の大きさを実証する1点だった。
 中でも強烈な存在感を示したのが小笠原だ。精神的なもやもやが残っていたにもかかわらず、ピッチでは他を寄せ付けない老獪なパフォーマンスを示す。この日の彼からはJリーグナンバーワン選手の意地と誇りが強く感じられた。トニーニョ・セレーゾ監督も「今日の結果だけで彼の能力が分かるでしょう」と絶賛。大黒柱の復活はタイトル獲得を目指すチームに大きなプラスになるだろう。』

Jリーグナンバーワン選手ぴかぴか(新しい)以前、ジーコ監督もそう言ってましたよね!
でも私の中ではJリーグナンバーワン選手でも、物足りない!!
満男さんならもっと大きくなれる!!

FKの瞬間の満男さん喜び合ってる満男さん
何回見ても感動です。

そして最後に移籍記事。
『小笠原レッチェ今夏消滅…1月オファーも』
『セメラーロ会長が24日「8月中の移籍はあきらめる」と明らかにした。一方で「試合に出なかったりして、いかに小笠原がこちらに来たいと思っているか熱意は伝わった。1月の移籍に向け、連絡を取り合っていくことになるだろう」
 また小笠原の代理人のペトリッカ氏も「海外でプレーしたい気持ちがあるなら、1月にもレッチェや、ほかのセリエAクラブ、もしくはフランスリーグなどを紹介したい」と明言。』

ペトリッカさん、スペインの方もしっかりお願いします(笑)。

昨日発売のNumberに満男さんの記事があるみたいです。

明日東京V戦ですね。今年の1戦目は満男さんがGKワシントン相手にPK失敗してしまった印象が深く残ってるたらーっ(汗)(笑)。
明日は8得点だぁぁ!!なんて変に期待しすぎちゃったらダメかなあせあせ(飛び散る汗)

明日は午前中授業受けに行って、昼からオープンキャンパスかぁ。
まぁ用事なくても生放送では見れないからいいんだけどもバッド(下向き矢印)ってか試合夜だしね(笑)。
台風の影響はあるのかな。私のところは全然大丈夫でしたぁ(笑)。
それでは明日もしっかり応援しましょう!!


posted by あや@管理人 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。