2005年09月09日

記事でーす。

『逆襲日本5発、小笠原決勝弾…ホンジュラス戦』
『64分の小笠原の投入でリズムが生まれ、70分に柳沢のゴールで追いつき、78分には見事なサイド攻撃から小笠原が決勝点を奪った。』

本当に54ってすごいスコアですね。日本の底力パンチですね。

『途中出場の小笠原がV弾!』
『小笠原が点の取り合いに終止符を打った。4−4の後半33分、三都主の左折り返しをきっちりと決めた。「いいパスをくれた。シュートでは、相手が少ない側に落ち着いてキックできた」と笑みを浮かべて言った。後半19分からの途中出場だった。その6分後には柳沢の同点シュートにつながるパスも出した。「きょうの日本はサイドでの守備ができていなかったので、それを意識してボールを取りにいった結果がゴールになった」と説明した。』

サントスのコメントです。
「ミツ(小笠原)が後ろにいると思ったので、どれだけためて出そうかと思った。うまく決めてくれたので良かったと思う」

サントスは不調に見えたけど、ホントよく見ててくれましたexclamation×2

中村「満男(小笠原)が入って、スピードを上げる役目を果たしてくれた」

選手のコメントです。
満男さん「自分の得点はアレ(三都主)がいいパスをくれたから。今日は最初から出たかったけど、1点を見せられたのがよかった。とりあえず勝ててよかった。サイドからのプレスがかかっていなかったと思う」
中村「今日はいろいろシステムも変わった。4−4−2のダイヤモンドのトップ下に入って、攻撃をしたけど3点目を取られてまた後半になってすぐ変えたりしたから。満男が入ってからは前目に満男を行かせて、自分がその後ろにいて、後ろの浩二とヒデさんがいた。そういう状況で自分が見ないで満男にボールを出せたりとか、ちょっとした関係をよくできればよかったけど。」

満男さんが入る前からヒデはボランチに入ってたのかしら。
全く気が付きませんでした爆弾(爆)。

『途中出場の小笠原が決勝点』
『「いいボールが来たのでDFとGKを見て、いない方へ落ち着いて蹴った」。稲本と代わって出場する際は「さばきながらリズムをつくりたい」と攻撃的な位置でボールを持って試合を落ち着かせた。「だんだんボールが回せるようになった」とリズムを生み、最後に中南米戦初勝利となる決勝点を自ら決めた。岩手県出身とあって大勢の知人が観戦。「先発で出たかったけど、いいところを見せられて良かった」』

満男さんの知り合いがたくさん観戦に来てたんですねわーい(嬉しい顔)

『国内組の意地 小笠原、決勝弾』
『チームの逆境を小笠原が救った。「負けていたので点を取りたいと思って入った。アレ(三都主)がよく見ていてくれた。GKとDFがいない所に落ち着いて決めることができた」。欧州組に占拠された中盤にあって国内組が意地を見せた格好だ。
 出身地(岩手)が近いこともあり、会場には大勢の知人が駆けつけたことも発奮材料に。「最初から出たかったけど、最後にいいところを見せることができて良かった」と胸を張った。』

『小笠原が決勝ゴール 国内組の意地』
『チームだけでなく、小笠原自身にとっても千金の1点だ。この日は海外組6人が先発。MF中田英、中村らが招集されれば、小笠原は控えに回る。8月にはイタリア・セリエAのレッチェから正式オファーを受け、海外組への転身を夢見たが、クラブの事情でかなわなかった。それでも「負けていたので点を取ることだけ考えていた」。3―4の後半19分からの出場でゴール。
この姿勢を、ジーコ監督も絶賛。「きのう(6日)の練習で、2タッチのプレーをやったのがその通りに決まった。疲れていても(練習で)あれをやったんだと思い出せるのは大きな収穫だ」
スタジアムには地元・岩手から応援団も駆けつけ「いいところを見せられて良かったです」と小笠原。東北人の負けん気が、ドイツでも勝利を引き寄せる。』

この2つの記事の題、微妙に被ってますね(笑)。
中田英、中村らが招集されれば、小笠原は控えに回る…もうそんな事はありませんからぁグッド(上向き矢印)って信じてます(笑)。

『競争心が力!大量5得点生んだ』
『先発から外れた小笠原満男(26)も勝ち越しゴールで意地を見せ、3度も2点差をつけられた試合を最後にひっくり返した。本大会開幕まで9カ月。さらに続く激しい競争が、日本代表を活性化する。高原が、柳沢が、小笠原が、ドイツへの思いを込めて競い合うようにゴールを決めた。
FW大黒こそ得点はできなかったが、小笠原が柳沢の同点弾を演出した後に決勝弾の活躍。「1点ビハインドだったので、ボールを奪って点を取ることを考えていた」と26分間の出場で、狙い通りに存在感を見せた。海外組に負けない技術、勝負強さとともに、MF中田英、中村らと共存できるところを示した。』

絶対共存したほうがいいexclamation×2こっちでもこっちでも、いろんなところでヒデのボランチについて書かれてるし。
これからどうなってくのかなぁダッシュ(走り出すさま)

これは満男さんの逆転ゴールで皆で喜んでる写真ハートたち(複数ハート)
こっちには満男さんの写真がたくさんですよるんるん

そして最後に、私が何よりも嬉しかったこのニュースexclamation×2
ホセ・デラペス監督(ホンジュラス代表)
「日本代表チームは素晴らしいチームだと思います。スタメン以外の選手たちもとても素晴らしいことに驚きました。選手が交代するたびに、試合の内容、プレーのレベルが上がっていったと思います。素晴らしい選手層を持っていると思いました」
「日本の選手では小笠原選手が印象に残りました。コンフェデレーションズカップでもベストプレーヤーにもノミネートされていたと思います。」

嬉しい言葉ですねるんるん川崎戦もこの勢いで!!
…って川崎戦明日じゃなくて明後日なんですねあせあせ(飛び散る汗)(笑)。
ちょっとでも日があいててよかった手(チョキ)モッチとか出れないけど、勝ちましょう!!


posted by あや@管理人 at 20:53| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小笠原はダルそうな顔をしながらも、切れてましたね。
いつの間にやら、頼れる男に格上げされたように感じます。

アジア予選の時、さんざん叩かれていたのが、懐かしいです。
Posted by ぐらぱち at 2005年09月10日 02:40
>ぐらぱちさん
コメントありがとうございます。
満男さん、頼れる男ですね♪今までいろいろあったからこその結果だと思います。私たちが思ってる以上の努力もあると思うし☆もっともっと上手くなって絶対不可欠な選手になってほしいですね。
Posted by あや@管理人 at 2005年09月10日 18:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

KIRIN WORLD CHALLENGE キリンカップサッカー2005 日本vsホンジュラス
Excerpt: 5-4の勝利。とりあえず、最高でした。細かなミスはたくさんあったけれど、よくやったものだと感心します。今回は海外組が、日程的にゆとりがあったものの、国内組、特に中澤、宮本は...
Weblog: Grampus8
Tracked: 2005-09-10 02:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。