2005年09月25日

3−3のドロー。

これで今季のガンバ戦は2試合ともドローですね。
う〜ん勝ってほしかった…もうやだ〜(悲しい顔)後味はどっちかというと鹿島の方がマシでしょうね。
ガンバは最後の最後で追いつかれたからね。

スパサカで、試合前に大黒と笑顔で握手してるのが映ってました。
あと、コイントスの時にも笑顔。笑顔の裏には闘志メラメラかな?(笑)。
満男さんは調子よさそうですねグッド(上向き矢印)相手のパスコースを読んでカットして惜しいセンタリングもありました。
1得点目はキレイでしたねぴかぴか(新しい)モッチ→アレックス→満男さんのコンビで。
満男さんいい動きだったし、そこにちゃんと出してくれるアレックスも素晴らしい手(チョキ)
思いっきり左足を振りぬいて、いいゴールでした。
そしてアラウージョに決められて同点バッド(下向き矢印)

FKでの2得点目は満男さんがいつも狙っている形でした。
速いボールを蹴って、誰も触らなくても入るようにしているっていつか言ってましたわーい(嬉しい顔)
その前にも同じような位置からのFKあったけど、枠を外れて「あれっ?」って思ったけどあせあせ(飛び散る汗)
守備も光ってましたね!!深井も積極的に守りに入って頑張っていました。
西野監督見たか!!って思ってしまいました(笑)。
満男さんが2点目入れたときに、もしかしてプロ入り初のハットトリックしたりして…!!
なんて思ったけど…(笑)。
この試合の満男さんのシュートはこの2本だけだったと思うけど、2本中2本決めたってことはシュート決まる率100%ですよexclamation×2(笑)。

そして後半ー。ソガのミスは痛かった…ダッシュ(走り出すさま)
どうしてこんな大事な試合に限ってこうなるのたらーっ(汗)
そこをきちんとつめてた大黒は流石だなと思ったけど。これでまた振り出しに戻る…。
そして、試合終了間際、またアラウージョに決められて2−3。
なんだこれ〜もうやだ〜(悲しい顔)ガンバにとって最高な形じゃん。。信じられなくてぼう然として喜ぶガンバの選手達を見ていました。
西野監督が両手挙げて喜んでるの見て、さらに悔しくなってました。
鹿島にちょっとミス出だしてガンバペースだったし、このまま終わるのかな…って思ってしまったですたらーっ(汗)
ファン失格ですね…。
で、落ち込んでると…なんと前線で決定的な形ができてるじゃないですかexclamation×2
ガンバのDFは油断しちゃったの??
鈴木がフリーのアレックスにパス。アレックスが1対1で外すことはなかなかないし、安心して見れましたわーい(嬉しい顔)嬉しかったなぁ〜exclamation×2
アレックスは本当にいい選手ですね。
鈴木があのままシュートしてても決まってたのかな??鈴木の選択は正解でしたグッド(上向き矢印)
最初、野沢だと思ってた(笑)。
決めた後、アレックスは監督のところまで行ってたけど、満男さんは「早く戻れ!」って思ってそう…って思ってましたあせあせ(飛び散る汗)
試合が終わって、選手たちは負け試合のように、うかない顔してましたね。
そりゃあそうですダッシュ(走り出すさま)勝つ気でいたんだから。

この試合、思っていたより満男さんへのマークは厳しくなかったように見えました。
やっぱりボランチだとつきにくそう。
あと、野沢をもっと早く出してほしかったなぁダッシュ(走り出すさま)満男さんのスルーパスから惜しい場面あったけど、本当にいい形るんるん
あの満男さんの反転スルーパスには「すげぇーぴかぴか(新しい)」でした(笑)。

引き分けという残念な結果に終わったけど、本当に負けなくてよかったたらーっ(汗)
残り9試合あるんだし、これからが勝負exclamation×2
ガンバが手こずってる間に抜かしましょう手(チョキ)
先日、yanagihoさんからのコメントにあったように、遠藤とシジクレイにカードが出たので2人とも次節出場停止ですね。
ガンバは次節清水と対戦だけど、清水には頑張ってもらわないと!!
鹿島は次節、千葉戦ですね手(グー)


『小笠原2発!鹿島執念1差離れん』
『リーグ最高の攻撃陣を相手に、果敢に打ち合いを仕掛けた。前半9分には、大黒柱の小笠原が左足で決めていきなり先制。同点の同40分には、再び小笠原のFK。「ホームゲームのようにやろう、と言っていた」とセレーゾ監督。小笠原は「チャンピオンシップや、カップ戦で、もっと大きなゲームをやってきた」と話した。過去9冠に輝いてきた自負と経験が、土壇場の粘りを生み出した。』

鹿島サポーターが外から応援するって記事もあったけど、本当にしたのかな。
某サイトで、「外には誰もいなかった」みたいなことが書いてあったけどあせあせ(飛び散る汗)
「経験」って言われてるけど、経験ある選手って今の鹿島にはそんなに多くない気がするんだけど。気のせいかな?(笑)。

『見応え満点!鹿島3−3ガンバの首位決戦!勝ち点1差キープ』
『「きょうはたいした試合じゃない。チャンピオンシップとか、ボクらはもっと大きな試合をやっている。勝ち続けるしかない」。チームが常勝軍団と呼ばれた時代を知る小笠原は、先制弾を含む2得点にも笑顔はなかった。』

大黒のガッツポーズは代表戦だけで見たい…爆弾(笑)。

『鹿島、執念のドロー』
『奇跡を支えたのは、やはり主将のMF小笠原だった。前半9分にアレックスミネイロのパスを受けて抜け出すと、左足で先制点。同40分には左サイドの角度のないところから、一時は勝ち越しとなる直接FKをたたき込んでみせた。
 小笠原は「今日は大した試合じゃない。もっと大きな試合をやってきている」と言う。その冷静さが本職でないボランチでの好プレーとチームの落ち着きをもたらした。
 今季のリーグ戦得点数を自己最高の11に伸ばすと同時に、ゴールを決めれば5勝3分けと“不敗神話”も継続。関係者が「かなり人間不信に陥っていた」と明かした今夏のセリエA・レッチェへの移籍騒動を経て成長した心が、負けないチームの土台となっている。』

満男さん、アレックスと並んで得点ランキング5になりましたね。
アラウージョの27得点にはビックリどんっ(衝撃)(笑)。
満男さんが2得点するとアレックスも、きちんとついてきますねるんるん(笑)。いいことです。
移籍問題の時、人間不信だったんだ…。そりゃそうだよねたらーっ(汗)
満男さんの不敗神話は本物ですねぴかぴか(新しい)

『鹿島ドロー、終戦目前追いついた』
『勝ったかのように鹿島ベンチが沸いた。セレーゾ監督は、審判まで抱き締めた。8年目で初の2ケタ得点となった小笠原の2発で、試合はプラン通りに進んだ。その流れが曽ケ端の痛恨のミスで変わった。
 首位奪回には失敗したが、アウエーで敗戦のふちからよみがえった。しかし、小笠原に笑みはなかった。「得点はどうでもいい。ミスが多い。大した試合じゃない。チャンピオンシップとか、もっと大きな試合も経験した。でもこれから、こうした試合が続く。勝つだけ」。厳しい言葉に、残り9節に必要なすべてが込められていた。』

セレーゾさん、審判にまで…exclamation&question(笑)。本当ですかい!?
確かに同点ゴールは嬉しかったけど、これで満足はしちゃダメですね。当然してないと思うけど。
残り9試合は、全てトーナメントですexclamation×2

≪2発小笠原が引っ張った≫
『小笠原がチームを奮い立たせた。左足で先制ゴールを奪い、FKを決めて2点目。プレーで盛り上げ、勝ち点が伸びなかった時期には出なかった周囲の声は自然と大きくなっていた。岩政は「みんな声を掛け合うことができた。いい緊張感だった」と話す。トニーニョ・セレーゾ監督も「チームの結束という点ではよかった」と収穫の多かったことを強調した。得点を初めて2ケタに乗せた小笠原は前を見る。「勝ち続けるしかない」。勢いをもたらす大きな勝ち点1だった。』

最高のショットですぴかぴか(新しい)
次は千葉戦。千葉戦っていうといい思い出がよみがえりますねぇるんるん
満男さんが2得点した試合。今度はホームだし、この前よりももっといい試合を期待します。


posted by あや@管理人 at 16:38| Comment(2) | TrackBack(0) | アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by ひで at 2005年09月25日 23:28
>ひでさん
はじめまして。
投稿ありがとうございます。でもここはコメントを書くところです。コメントなしでHPアドレスだけ載せてもらっても困ります。1回目なので削除はしませんが、そこのところよろしくお願いします。厳しいこと言ってしまって申し訳ありません。また是非遊びにきてください♪
Posted by あや@管理人 at 2005年09月26日 16:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。